website photos updated for August

みなさまこんにちは。
台風一過の猛暑日、いかがお過ごしでしょうか?
それにしても暑いですね。
途中何度か溶けそうになりましたが「ブログを書く」という強い意志を胸になんとか緑色のコーヒー屋にたどり着きました。
クーラーの効いた店内にはいたるところで緑の女神が微笑んでいます。
「大丈夫、書けるわよブログ」と言っているような…。

よーし。

さてそんなわけでキャトルホームページ写真の更新のお知らせです。
もう8月も後半なわけですが写真を撮ってきましたので以下注釈です。

top page

一枚目 ”スイカ”

先日、居間でのんびりと甲子園を見ている僕に父が話しかけてきました。

「畑行くか?」と。

そう畑です。
定年して時間を持て余した父はいろいろ趣味と呼べるようなことを始めました。
卓球、ウォーキング、料理教室、英会話、ボーリング、そして畑。
家から自転車で5分くらいの場所に畑を借りて野菜づくりに精を出しています。
口を開けば野菜のことしか言わないくらい没頭しています。
「ナスが…ネギは…トマトは…かぼちゃは…」
という具合に常に野菜が主語です。
何かすごい野菜の霊に取り憑かれたのかと思えるほどです。
野菜以外の話をしてくると頭でもぶつけたのかなと思えるほどです。
まあ本人が楽しそうで何よりですし、美味しい野菜が食卓に並ぶので息子の僕としてもいろいろありがたいなと思っていました。
たまには手伝ってあげないとなーなんて思っていたものの半年くらい足が遠のいています。
これも親孝行と思い、面倒臭さを振り切り、高校球児の熱い戦いと細い眉毛に別れを告げ、父と畑へと向かいました。

冬に見た景色とは明らかに違うどこか迫力のある夏の畑。
ナス、トマト、ししとう、きゅうり、スイカ、枝豆、などなど夏野菜がたくさん実っていました。
背中を丸めせっせとスイカを収穫する父。
久しぶりに尊敬の眼差しで見つめました。
そんな風に父の背中を見たのは果たしていつ以来だったでしょうか。
そしてその背中にプリントされた「KASUKABE」の文字。
一体どこで手に入れたTシャツなんでしょうか。


二枚目 ”八ヶ岳”

夜には強い雨が降るだろうなとは思っていました。
ただ自分がツェルトを張った場所が水たまりになるとは思っていませんでした。
本来緊急時に使うためのツェルトはテントと呼ぶには簡易的すぎ、雨にはあまり強くありません。
一枚布を紐とトレッキングポールで建てただけの正直心もとない宿ではありますが、軽量化を優先して今回はツェルトをテントの代わりに持っていきました。

夕飯を食べ終え、ウイスキーを飲み、満腹感と酔い、程よい疲れもありすっかり熟睡していた僕は夜中に突然起こされました。
豪雨がツェルトを叩き、染み込んだ雨水が水滴となり、ポタポタと落ちては僕の頬を濡らしていたのです。
「あーだめだ。だめなやつだ」そんなことをつぶやいて体を起こすと気づきました。
私気づいちゃいました。
枕元に置いたサンダルが浮いてる、と。
すっかり水たまりになってるじゃないですか、ここ、と。
いろいろビショビショになってるじゃないですか、と。
慌ててツェルトの外に飛び出し状況を把握します。
降り続いた雨水がちょうど僕のツェルトの下に集まっているようです。
まるで厳島神社のようだ…。
なんて悠長なこと考えているとさらに水がたまってきます。
そ、そうだ、排水溝だ。
そう思い近くにあった石を握りしめ地面を削ります。
5分ほどゴリゴリと溝を掘ると、なんということでしょう。
水は川となり流れ出てものの数分で水たまりは姿を消したではありませんか。
ビショビショに濡れながら僕はこう思いました。
ツェルトを張る場所をまちがえた、と。
この失敗は繰り返さないぞ、と。
山よ、新たな経験をありがとう、と。
そして自然と笑みがこぼれてきたのです。

翌朝は快晴。
キャンプ地からの景色はすばらく、さらに幸せな気持ちになりました。
ただこの時の僕はまだ知らなかったのです。
この水たまり事件で水没したカメラの修理費が2万6千円だということを。
そして自然と涙がこぼれてくることを。



about us page

三枚目 ”奥多摩”

奥多摩、長沢背稜。
東京都なのに結構な自然。
ただ、夏場は低山すぎて暑いです。
アブやブヨといった虫も多いです。
秋に行くべきだったかもしれません。


四枚目 ”氷”

涼しげなイメージが欲しくて氷の写真を。
何を注ぎましょうかね。
ハイボールか、ジントニック。
オサレにモヒートにしましょうか。
(どれもキャトルにないな…)
あ、マンゴーラッシーにしましょう!キャトルでマンゴーラッシー飲みましょう!
(ふーあぶない)


以上、後半完全に尻窄みな内容でしたが今月の写真の注釈、もとい、夏休みの思い出(髭編)でした。

みなさまな今年の夏はいかがお過ごしですか?
まだまだ暑い日が続きそうですね。
夏バテ等体調に気をつけながら夏を乗り切りましょう。

キャトル時々サンクでお待ちしております。

髭田
[PR]
by quatre4444 | 2016-08-17 19:02 | Comments(0)
<< 明日はパンの日 たくさん、はじまる >>